RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 『太王四神記』、日本で低視聴率
    humm (09/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

LEGEND−太王四神記−

韓国では、2007年9月10日
日本でも、NHKで12月3日放送開始。
新編集『太王四神記』 2010年初春に劇場公開
0
     ぺ・ヨンジュン主演ドラマ『太王四神記』が再び映画館のスクリーンに登場することになった。2010年初春に公開される予定だ。

     『太王四神記』は韓国での爆発的ヒットを受け2007年12月日本に上陸。NHK- BShiでのテレビ放映、@niftyでの配信、全国10カ所の映画館での上映がほぼ同時、というマルチウインドウ展開で話題をさらった壮大な歴史ファンタジーだ。

     2007年にTV放映とほぼ同時に映画館で上映したことでも話題をさらった『太王四神記』がニューエディットバージョン(新編集版)として4部作に生まれ変わり、再び映画館の大スクリーンによみがえる。

     2010年初春公開予定のニューエディットバージョン全4話は、主要人物達の愛の物語を主軸にし、ダイナミックなシーンをふんだんに使用するなど、新たな編集を施した。既に24話を見た人には新たな魅力の発見があり、『太王四神記』未体験の人には4部作で壮大な物語を存分に堪能できる作品に仕上がっている。

     また、24話の劇場上映時とは異なったデザインのポスター・チラシ・予告編での展開が予定されている。

     『太王四神記』は当初より、テレビドラマの枠を超えた迫力の映像が映画館の大スクリーンで体感するに値するとの声が高かった作品。ぺ・ヨンジュンファンはもちろん、『太王四神記』ファンの注目を集めると予想される。

     『太王四神記』がニューエディットバージョンは全4話が順次公開で、「エピソード1:千年の愛」(仮題)が2010年初春に公開予定。その後、「エピソード2:すれ違いの運命」「エピソード3:別れの前兆」(仮題)「エピソード4:叶わない愛」(いずれも仮題)と順次公開される。前売り券は、今年秋に販売開始される予定だ。

    ドラマ『太王四神記』ニューエディットバージョン劇場公開へ -- 朝鮮日報



    ヨン様(ペ・ヨンジュン氏)が筆頭株主。
    キーイースト株式情報サイト
    | LEGEND−太王四神記 | 16:57 | comments(0) | - | - | - |
    アニメ版 「太王四神記」
    0
      テレビドラマ「太王四神記」が韓日合作アニメーションとして生まれ変わる。ドラマは国内で30%台の高視聴率をマーク、日本では前例のない劇場上映などで話題を集めた。
       釜山コンテンツマーケット組織委員会は12日、釜山市内で開かれる釜山コンテンツマーケット2009行事に合わせ、アニメ版「太王四神記」の共同投資・制作調印式を14日に行うと明らかにした。アニメ版はドラマを原作に、韓国のジーエヌジーエンターテインメントとミックスフィルム、日本のネオが共同投資・制作する。ネオは日本の家電メーカーの共同出資・設立会社でビデオオンデマンドサービスを展開している。

       アニメ版は全26話、300万ドル(約2億9200万円)が投じられる予定で、来年初めの完成を目標とする。

       ジーエヌジーエンターテインメントはアニメ版のパイロットフィルムをこのマーケットで初公開し、海外向け先行配給に乗り出す予定だ。日本ではメディアグループが日本配給の意向を示している。


      アニメ版 「太王四神記」、韓日合作に14日調印 -- 聯合ニュース

      ヨン様が関わってくるのかどうか気になります。
      | LEGEND−太王四神記 | 17:40 | comments(0) | - | - | - |
      『太王四神記』、日本で低視聴率
      0
         昨年韓国で放送され、視聴率35.7%をマークしたファンタジー時代劇『太王四神記』(MBC)。日本を韓流ブーム一色に染めたスター、ペ・ヨンジュンが主人公の広開土大王・談徳(タムドク)役を演じ、国民的ドラマ『砂時計』でゴールデンコンビと呼ばれた金鐘学(キムジョンハク)プロデューサーと脚本家ソン・ジナが手を組んだ作品として、韓国だけでなく日本でも大ヒットするものと期待されていた。

         しかし、ふたを開けてみると結果はどうだっただろうか。現在、『太王四神記』はNHK総合で毎週土曜日夜11時10分から放映されている。最終回が9月27日に迫っている中、視聴率は7%前後だ。ヒットとは言いがたい数字だろう。ペ・ヨンジュン・ブームのきっかけとなった『冬のソナタ』が視聴率20%以上だったことを考えると、なおさらだ。「視聴率7%」は現在の韓流ドラマの苦悩をありのままに物語っている。

        ◆日本人には難しい「ファンタジー時代劇」

         『太王四神記』について、日本人がまず話すのは「とても難しくて複雑だ」ということだ。韓国と違い、日本で時代劇は視聴率10%を上回るのが難しい。『太王四神記』は目を見張るようなコンピューター・グラフィックスや個性あふれる魅力的な登場人物が売りだが、韓半島(朝鮮半島)の高句麗時代を描いたという点では、日本人にとって「海外の時代劇」に過ぎない。過去と現在、神話と歴史を行ったり来たりするストーリー展開も、日本人には難解だ。

         フリーライターのアベ・リュウコ氏は「『冬のソナタ』は途中から見始めてもすぐに入り込むことができるドラマだったが、『太王四神記』は初回から集中して見ても難しい」と話す。

        ◆日本では今も「ペ・ヨンジュン=冬ソナ」

         日本の大手芸能プロダクション「ホリプロ」のノムラ・ダイスケ氏は「ペ・ヨンジュンさんが眼鏡を外し、馬に乗って敵と戦うヒーローに変身するのはちょっと不思議な感じ。ほとんどの日本人女性は、今もペ・ヨンジュンさんに“純粋な愛のイメージ”を期待している」と語った。『冬のソナタ』の影響がまだ強いということだ。日本の大衆文化評論家フルサ・マサユキ氏は「日本人が持つペ・ヨンジュンのイメージは、今も『冬のソナタ』のジュンサン。だから映画『スキャンダル』や『四月の雪』も予想を下回る興行成績だった」と説明する。

         だが、ペ・ヨンジュンに対する日本のファンの熱気は変わらない。ペ・ヨンジュンは今年6月、京セラドーム大阪で開かれた「ドラマ『太王四神記』プレミアムイベント 2008 in JAPAN」でファン約3万5000人を集めた。しかし、ドラマのヒットは「ヨン様ファン」以外の人々を集めなければ達成できない。『冬のソナタ』は30‐50代の女性を主軸に男性や10代の視聴者を集め、視聴率20%を突破した。

        ◆『太王四神記』の敵はインターネット?

         インターネットは視聴率を奪う「隠れた敵」だ。フルサ・マサユキ氏は「情報通信の環境が向上したため、韓国の視聴者が『太王四神記』をテレビで見ていたとき、 多くの日本人もインターネットで同時に見ていた。今、NHKで放送されている『太王四神記』は日本人の声優がアフレコしており、“ペ・ヨンジュンさん本人の声が聞けない”と不満を漏らす人も多い」と話す。『太王四神記』のDVDボックスが早々に売り出されたため、テレビ放送の視聴率に悪影響を与えているという見方もある。

        ◆地上波放送に踏み切るのが早すぎた?

         韓国ドラマは普通、日本では衛星チャンネルで放送された後、地上波に進出するが、『太王四神記』も衛星放送から地上波で放映された後、再び衛星放送で放映される予定。「ペ・ヨンジュン」というネームバリューに対し信頼が厚いからだ。同ドラマの投資・配給会社であるSSDのキム・ウィジュン代表は「10月からNHK衛星で放送され、また別の日本の放送局を通じ、扇状にコンテンツが広がっていくだろう」と語った。韓国放送映像産業振興院のキム・ヨンドク研究員は「このドラマにはファンタジー的な要素があまりにも多く、中年男性を視聴者として引き込めなかったのでは。しかし、夜11時台で視聴率7%ならそれなりに善戦しているとも言えるため、今後が楽しみ」と話している。


        『太王四神記』、日本で視聴率が伸びないワケ -- 朝鮮日報
        | LEGEND−太王四神記 | 18:46 | comments(1) | - | - | - |
        『太王四神記』の劇中カップルが結構
        0
          時代劇『太王四神記』の劇中カップル、チュムチ&ダルビが実生活でも夫婦になる。

          俳優パク・ソンウン(35、チュムチ)とシン・ウンジョン(34、ダルビ)が10月18日、江原道洪川(カンウォンド・ホンチョン)テミョンリゾートで挙式をする。07年初めに『太王四神記』の撮影から始まった愛が結実したのだ。

          パク・ソンウンの知人は「パク・ソンウンとシン・ウンジョンの両家が7月にあいさつを終え、10月18日に挙式の日取りが決まった。『太王四神記』が誕生させた夫婦なだけに耆俊(ペ・ヨンジュン)、イ・ジア、ユン・テヨンら出演者をはじめ、金鐘学(キム・ジョンハク)プロデューサーなどスタッフも全員結婚式に出席し祝うことになるだろう。また日本人ファンの関心も大きいものと期待されている」と伝えた。

          一方、パク・ソンウン−シン・ウンジョンカップルは今月下旬に放送される民放MBCテレビ(文化放送)の月火ドラマ『エデンの東』(脚本:ナ・ヨンスク、演出:キム・ジンマン)にも並んでキャスティングされている。『太王四神記』で恋人同士を演じた2人が、1年後『エデンの東』では実際の夫婦になって共演することになったのだ。


          『太王四神記』のパク・ソンウン&シン・ウンジョンが結婚 -- 中央日報
          | LEGEND−太王四神記 | 16:45 | comments(0) | - | - | - |
          太王四神記 プレミアム イベントにヨン様登場
          0
            ペ・ヨンジュンが6月1日、大阪の京セラドームで開催される「太王四神記 プレミアム イベント 2008 in JAPAN(仮題)」に参加することが所属事務所BOFにより4日明らかになった。
            ペ・ヨンジュン、2年ぶりの来日決定!


            「ペ・ヨンジュンモデル携帯」の予約受付開始
            fan fun. SoftBank 815T コラボレーションモデル

            | LEGEND−太王四神記 | 21:53 | comments(0) | - | - | - |